自分に合った歯医者さんを見つけたい!そのポイントとは?

いい歯医者さんの見極めのコツ

>

治療までに確認するチェックポイント

麻酔に時間をかける歯医者さんは優良?

一昔前の歯医者さんはとにかく治療を優先していて、痛みに配慮しているところは多くありませんでした。子供の頃に通院し、そこで痛い思いをしたので苦手意識のある方も多いでしょう。

しかし近年、痛みに配慮したところが増えて安心して通えます。麻酔に時間をかける歯医者さんは、患者一人ひとりに出来るだけ長く時間をかけて接しています。表面麻酔を行い、効果が出てから麻酔を行うので痛みを最小限に抑えてくれる歯医者は良い医院といえます。

同じ理由で初診のカウンセリングで時間をかけてくれる歯医者さんも良いです。実際に口腔内を診るだけでは患者の生活習慣を知る事は出来ません。だからこそコミュニケーションを取りながらじっくり確認していく事が重要なのです。

なぜレントゲンなどのデータを取りたがる?

良いといわれる歯医者はとにかくデータを多く取る為にレントゲンや動画・写真撮影を行います。治療に入る前に行うのが一般的で、そうなると初診料がやや高額になってしまいます。しかし口腔内のデータはあればあるほど精密な治療に繋がりますので、カウンセリングや初診で高額である=悪い歯医者ではありません。

反対に細部まで確認した上で治療に望むと考える優良歯医者といえるでしょう。また撮影したデータを患者と一緒に確認した上で、どんな治療が必要なのか。また口腔内はどうなっているのかを説明してくれる歯医者を選択すれば、長いスパンの治療であっても挫折せずに完治を目指せます。治療計画を理解する事は、歯に対する意識向上にもなります。


この記事をシェアする